ホームジム

筋トレはお金がかかる!月に◯万円?!自宅だと安い?ホームジムトレーニーが真実を教えます!

どうも、のちです!

週6回ホームジムでトレーニングしています。

 

今回はこんな疑問に答えます

筋トレって具体的にどれくらいお金がかかるの?

自宅でやる場合も結構かかるの?

気になる方も多いはず。

 

僕は筋トレを半年以上週6回ペースで続けてきて、ベンチプレスは90kg以上あがるくらいには本気でやっています。

そんな自分でどれくらいお金がかかるのか?を紹介していきます。

あなたの参考になれば幸いです。

それではみていきましょう。

筋トレはどんなところにお金がかかるのか?

筋トレは想像以上にお金はかかります!

自分はホームジムなので、ジム通いよりランニングコストはかからないかと思いきや、意外なところでお金がかかります。

・食費

・サプリ代

・服代

・本代

・ジム代(器具代)

代表的なものでもこれだけあります。

ひとつずつ見ていきましょう!

【筋トレでお金がかかるポイント1】食費

食費が一番大きいです。

 

僕は現在増量中なのですが、単純に沢山の量の食事を摂ります。

痩せていた時の1.5倍くらいは意識して食べています。

当然その分食費がかかります。

 

さらに筋肉を沢山つけるためには、タンパク質がかかせません

筋肉を付けようと思ったら、大体体重の2~3倍グラムのタンパク質を毎日摂るのが望ましいです。

 

なので体重が70kgの人ならば、140g以上のタンパク質を摂りたいところです。

当然タンパク質摂るのはお金がかかります。

 

タンパク質って普通の食品にはあんまり入ってないんですよね。

サラダチキンですら、20~25gくらいですからね。しかも一個200円するし。

と言った感じで大体、月の食費は2倍くらいになりました。(3万円くらい)

 

ちなみに減量はまだなんですが、減量の方がお金がかかるんですよ。

なぜかというと食べるものを厳選するから。

 

(細かくは省きますが、脂質を減らしたり、炭水化物を減らす分、タンパク質を摂取する量が多くなるから。そしてタンパク質は高い。。)

 

減量はまだなので、詳しくは分からないですが、減量時でも最低増量時と同じくらいお金がかかると見ておいたほうがよさそうですね。

【筋トレでお金がかかるポイント2】サプリ代

次にサプリ代が結構かかります。

僕がとっているサプリが次のモノです。

ちなみに安さだけで選んでいます。(リンクから買えるのでよかったらどうぞ。)

これら5つはサプリの中でも人気が高く、効果も高い物です。

最低限はプロテイン、クレアチンかなと思いますが、それだけでも結構します

 

僕が利用するマイプロテイン(上記リンクから飛べます)は、ちょいちょい割引があって30%引きとかザラですが、

それでもプロテインだけで大体1月で5kgとかなくなるので、30%割引で購入しても、約1万円/月にかかります。

 

食費とサプリ代を合わせると大体月に4万円の出費くらいでしょうか(普通にかかる食費を含みます)

 

ちなみにこのマイプロテインという会社は、かなり有名ですが、ここが最強クラスに安いです。それでもこれくらいはかかるということですね。

【筋トレでお金がかかるポイント3】服代

服も最初揃えるのにそこそこかかります。

ユニクロで揃えて大体1万円くらい。

 

僕はナイキが好きなのでナイキで結構揃えてしまいましたw

やはりお気に入りの服をきるとテンションもあがりますからね!

特にこのテックフリースジョガーパンツはおすすめです。
【ナイキのテックフリースジョガーパンツレビュー】ジムに着ていく服がないならまずはこれを買おう。どうものちです! 今回は僕がトレーニングの時によく使っていて、めちゃくちゃ使い勝手がいいアイテムをシェアしたいと思います。 ...

 

これも季節によって揃えるし、なんだかんだ新しいのが欲しくなったりするので、地味にかかりますね。

変動費といったところでしょうか。

【筋トレでお金がかかるポイント4】本代

これがマジでばかになりませんでした。

本は別に読まなくてもいいって人も多いと思うんですよ。

今はyoutubeもあるし、情報量は半端ないですからね。

 

でも、筋トレに本当に詳しくなろうと思ったら動画じゃまだまだ足りないと思います。

僕は山本義徳さんこの本を買いましたが、めちゃくちゃ分かりやすいし、ためになりました。

(山本義徳さんは全盛期ベンチプレス260kgを挙げた化け物クラスのボディビルダーです。

論理的な思考で、分かりやすく科学的根拠のあるトレーニングを推奨しています。)

 

実際、トレーニングメニューもこの本で紹介されたものを中心に組んでいます。

動画は動画で素晴らしいんですが、本の情報はまだまだ価値があるし、やはりある分野に関しての基本知識を得る上でかかせない素晴らしいアイテムです。

 

他にもテストステロンさんの本や、岡田隆さんの本など、いい本というのは、動画とは情報量が全然違います。

 

動画だとピンポイントでしか説明していないので、全体的な流れや、体系が見えづらいです。

そういった筋トレの全体像や基本を把握し、筋トレに関するマクロ(大きい)視点をもつためにも本で情報を得ることは必須だと思います。

 

上記の山本義徳さんの本なんかは4000円しますが、お金では測れないほどの価値があると思います。

本は月に1冊は買うので、1000円から5000円くらいはかかります。

【筋トレでお金がかかるポイント5】ジム代、器具代

僕はホームジムなので、月々の会費(ジム代)はないんですが、

ホームジムでもなんだかんだプレートを買い足したり、新しい道具をかったりで出費はかさんでいます。

 

ホームジムだと器具が限られるので、練習が単調になりがちなんですよね。

そこでマンネリを防ぐために、器具を買い足すんですが、これも地味にお財布に響きますw

 

プレートって地味に高いし、後からラックを買い替えるとかになると、かなりしますからね。

 

他にもチューブをかってみたり、ベルト、リストラップ、リストストラップ、ディップススタンドなどなど。

 

大体月に3~5000円くらいでしょうか?これは人によってはかからない、かけない、という人もいるでしょうけどね。

僕はホームジムならこういった費用は後からかからないと思っていたので、意外にかかるんだなぁという印象です。

筋トレでお金がかかるポイントまとめ

筋トレにかかるお金は、大体月に5万円くらいは見ておいた方がいいかも知れません。

もちろん普段の食費も込みでこの値段だし、もっと安くすることも可能です。

 

僕の場合は、とにかく続けることが目標なので、

あまりお金に関しては気にしないようにしています(その分他で節約)

 

ただ支出が抑えられる面もあります。

筋トレする分交際費は減ります。(飲み会とか友達と遊ぶより、筋トレを優先)

また、服代もかからなくなります(筋肉は最高のファッション)

他にもプライスレスな価値が筋トレにはやまほどあります。

 

お金がかかるからと言っても工夫次第でなんとでもなりますし、お金がかかると悩む暇があったら、すぐにでもジムにいって筋トレしましょう!

そしたら、そんな些細なことどうでもよくなりますよ!

それでは!

View this post on Instagram

Return Of The Legendary Super Saiyan

A post shared by Jeff Seid (@jeff_seid) on

ABOUT ME
のち
のち
筋トレにハマっているサラリーマン。週6でトレーニングしています。実際に体験したことをもとに、分かりやすい記事、ためになる記事をモットーに書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です